コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボシビルスク人造湖 ノボシビルスクじんぞうこNovosibirskoe Vodokhranilishche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボシビルスク人造湖
ノボシビルスクじんぞうこ
Novosibirskoe Vodokhranilishche

ロシア,ノボシビルスクの南方約 20kmにある,オビ川をせきとめて建設された貯水池。左岸に7基のタービンを備えた合計出力 40万 kWの発電所や,3室から成る船舶用閘門が付属する。 1951年に建設に着手,57年より発電開始,59年にフル操業に入った。人造湖の面積 1070km2,最大幅 17km,長さ 200km,総貯水量 182億m3で,ノボシビルスク州,アルタイ地方にまたがる。ダムは発電のほか,河川統制も行い,電力はノボシビルスク付近とシベリア鉄道などに供給される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノボシビルスク人造湖の関連キーワードベルツク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android