コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルウィト Norwid, Cyprian Kamil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルウィト
Norwid, Cyprian Kamil

[生]1821.9.24. ラジーミン,ラスコウォ=グウヘ
[没]1883.5.22. パリ
ポーランドの詩人,作家。彫刻,絵画などの作品も残した。 1840年に詩人としてデビュー。 42年からイタリアで絵画,彫刻を学び,その後ベルリン,ブリュッセルに学んで 48年再びローマに戻り,翌年パリに移ったが,貧窮のうちに施療院で死亡。その詩は独創性に富み,難解であったため理解されなかったが,20世紀になってきわめて芸術性の高い抒情詩と評価されるようになった。主著,審美論『プロメティディオン』 Promethidion (1851) ,『詩集』 Poezje (63) ,散文『黒い花と白い花』 Czarne kwiaty i Białe kwiaty (56~57) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノルウィトの関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニウェーバーギリシア解放戦争シェリーバン=ファルケンブルグブロートンヘクトル=チュルデュ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android