ノンフィクション・ノベル(読み)のんふぃくしょんのべる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノンフィクション・ノベル
のんふぃくしょんのべる
nonfiction novel

ノンフィクション・ノベルは、歴史上の事実やできごと、作者の個人的経験、ある人物の生涯などを作品の正面に据え、作家の想像力でそれらに肉づけし、より臨場感をもたせて描き出した小説。たとえば、実際に起こった殺人事件を題材にしたカポーティの『冷血』(1966)、黒人奴隷の反乱を扱ったスタイロンの『ナット・ターナーの告白』(1966)、自己の民族的原点を追求したアレックス・ヘイリーの『ルーツ』(1976)などはこの範疇(はんちゅう)に入り、作者の主観を極力抑えた叙述が特色となっている。[平野信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノンフィクション・ノベルの言及

【ノンフィクション】より

…しかし事実の意味も多義的なものであり,絶えず読み直されるものである。アメリカの作家T.カポーティは,実際に起きた一家4人皆殺し事件を,犯人をはじめ事件の関係者からのインタビューをもとに《冷血》(1966)に仕立て,〈ノンフィクション・ノベルnonfiction novel〉の語を定着させた。また,A.ヘーリーは自分の祖先を探し求めた作品《ルーツ》(1976)を〈ファクションfaction〉(factとfictionの合成語)と呼んだ。…

※「ノンフィクション・ノベル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノンフィクション・ノベルの関連情報