コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノヴォデーヴィッチ修道院 ノヴォデーヴィッチしゅうどういん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ノヴォデーヴィッチしゅうどういん【ノヴォデーヴィッチ修道院】

ロシアの首都モスクワにある修道院。1524年、モスクワ大公国のスモレンスク併合を記念して建造された。クレムリンから南西の方角、スモレンスクリトアニア方面へ通じる街道とモスクワ川の3つの渡し場を押さえる、戦略的に極めて重要な位置にあり、修道院を囲む巨大な壁と塔は貴重な建築遺産となっている。女子修道院として、フョードル3世の皇后イリーナや皇女ソフィヤ・アレクセーエヴナ(ピョートル大帝の姉)など高貴な女性の幽閉所として長い歴史を誇る。古くから権力者や金持ち、有名人が葬られる墓所として知られ、ゴーゴリやチェーホフ、フルシチョフマヤコフスキーなどが眠っている。プーシキン原作のオペラ、『ボリス・ゴドゥノフ』の物語が始まるのも、この修道院である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ノヴォデーヴィッチ修道院の関連キーワード召喚差押え禁止財産沖合底引網漁業財団債権召喚数理統計南信濃ギリシャ総選挙―与党中道右派薄氷の勝利ラムサール条約マスターズ・カップ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android