ノヴォデーヴィッチ修道院(読み)ノヴォデーヴィッチしゅうどういん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ノヴォデーヴィッチしゅうどういん【ノヴォデーヴィッチ修道院】

ロシアの首都モスクワにある修道院。1524年、モスクワ大公国のスモレンスク併合を記念して建造された。クレムリンから南西の方角、スモレンスクリトアニア方面へ通じる街道とモスクワ川の3つの渡し場を押さえる、戦略的に極めて重要な位置にあり、修道院を囲む巨大な壁と塔は貴重な建築遺産となっている。女子修道院として、フョードル3世の皇后イリーナや皇女ソフィヤ・アレクセーエヴナ(ピョートル大帝の姉)など高貴な女性の幽閉所として長い歴史を誇る。古くから権力者や金持ち、有名人が葬られる墓所として知られ、ゴーゴリやチェーホフ、フルシチョフマヤコフスキーなどが眠っている。プーシキン原作のオペラ、『ボリス・ゴドゥノフ』の物語が始まるのも、この修道院である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android