コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノースエアシャー North Ayrshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノースエアシャー
North Ayrshire

イギリススコットランド南西部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地アービン。クライド湾沿岸に位置し,本島の旧エアシャー県の一部と,旧ビュートシャー県に属するアラン島などクライド湾内の島々からなる。1975年の自治体再編でストラスクライド県の一部となり,1996年に単一自治体となった。クライド湾内の島々は景観に優れた原生林や動植物の保護区を擁し,大都市グラスゴーにも近いことから,観光が大きな収入源となっている。アラン島では畜産も重要。南部や東部の低地では酪農や野菜の栽培が行なわれ,北部の高地では牧羊が営まれる。沿岸部では工業や商業,サービス業などが行なわれ,ラーグスはリゾート地として知られる。沿岸部のアードロッサンは観光地であるとともに,石油精製や化学などの工業も盛ん。ウェストキルブライド近郊の深水港ハンターストンに原子力発電所がある。ニュータウンの一つアービンでは電子機器の製造やソフトウェア開発などの軽工業が行なわれる。面積 885km2。人口 13万5490(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノースエアシャーの関連キーワードカニンガム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android