コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノートル・ダム・デュ・オー聖堂 ノートル・ダム・デュ・オーせいどうLa Chapelle du Notre-Dame-du-Haut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノートル・ダム・デュ・オー聖堂
ノートル・ダム・デュ・オーせいどう
La Chapelle du Notre-Dame-du-Haut

ル・コルビュジエの設計で,1950~55年,フランス東部のスイスとの国境にほど近いロンシャンに建てられた巡礼聖堂。ロンシャンの聖堂,ロンシャンの礼拝堂ともいう。巡礼地として知られたロンシャンだったが,中世の礼拝堂(→チャペル)は 1913年に一部焼失,1920年に再建されたが 1944年に再び破壊された経緯があり,ル・コルビュジエに白羽の矢が立った。鉄筋コンクリート造りの壁,屋根は大胆に仕上げられ,自由で彫塑的な造形を得て,独特の形態を生んだ。半円形ドームを載せた塔や特異な形の窓から差し込む光は,室内に厳粛な雰囲気をかもし出している。2016年,世界 7ヵ国 17件の建築物などで構成される「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」の一つとして世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノートル・ダム・デュ・オー聖堂の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広森一生

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android