コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーファインダー ノーファインダー

2件 の用語解説(ノーファインダーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ノー‐ファインダー

《〈和〉no+finder》カメラの撮影技法の一。ファインダーを覗かないで撮影すること。被写体となる相手にカメラを意識させない自然な撮影ができたり、極端なローアングルの撮影ができるなどの利点がある。人混みなどにおいて、カメラを頭上に掲げて撮影することも含む。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ノーファインダー

 ファインダーを覗かずに撮影する方法の総称。とくに、人混みの中で、被写体を撮影する場合に、カメラを頭上に差し上げて撮影する方法がノーファインダーの典型例である。そのほか、カメラを首から下げてファインダーをのぞかないでシャッターを切るのもノーファインダー撮影である。このノーファインダーも和製英語で、ひと言で説明する英語はない。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

ノーファインダーの関連キーワードファイル検索シフトクリックデスクトップファイル表示オプション漢字Talk 7.5.3スモール・システムフォント表示ポップアップウインドウMavericks自動方向探知機

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone