ノーマン・マトゥーン トーマス(英語表記)Norman Mattoon Thomas

20世紀西洋人名事典の解説


1884.11.20 - 1968.12.19
米国の牧師,政治家。
米国社会党党首。
オハイオ州マリオン生まれ。
別名Norman Matoon Thomas。
米国社会党党首で1911年イースト・ハーレム教会牧師となり、米国の第一次世界大戦参戦に反対する。’18年社会党に入党し、平和運動の組織「友和会」常任書記、その機関誌「ワールド・トモロウ」の編集長などを歴任し、社会民主主義的な運動に取り組む。ニューヨーク州知事選やニューヨーク市長選、大統領選などに数度出馬するがいずれも落選反戦反共反ファシズム信条とし国際平和運動に尽力する。著書に「自由の試練」「ある社会主義者の信仰」(’51年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android