コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーメンクラツーラ ノーメンクラツーラ 〈ロシア〉nomenklatura

3件 の用語解説(ノーメンクラツーラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ノーメンクラツーラ(〈ロシア〉nomenklatura)

ノーメンクラトゥーラ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ノーメンクラツーラ【nomenklatura】

〔党機関がもつ任命職一覧表の意〕
社会主義国で、共産党幹部や上級官僚などの特権階級。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーメンクラツーラ
のーめんくらつーら
номенклатура nomenklatura ロシア語

社会主義国家の各級党機関の職務・権限、とくに幹部ポストリスト、およびこのポストの在任者または候補者の名簿を意味し、かつての職業的革命家集団にかわってスターリン以後の体制を支える特権的支配層をさす。旧ソ連についてみると、その数は70万人ほど(1700万党員の約4%)で、指導的党機関(その幹部)によって推薦・任命される。革命ではなく、現状維持(権力保持と立身出世)を志向する保守的体質をもつ職業的管理層・体制派エリートである。
 社会主義体制崩壊後も、ノーメンクラツーラは壊滅することなく温存され、旧ソ連時代よりもむしろ強化されたもののようで、旧ソ連時代からのメンバーが引き続き現在のロシアの新支配層の多くを占めるばかりでなく、なかにはマフィアと手を組んで地下経済の担い手として暗躍する者も少なくはない。[濱嶋 朗]
『M・S・ヴォスレンスキー著、佐久間穆・船戸満之訳『ノーメンクラツーラ』(1981・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノーメンクラツーラの関連キーワードスコルダトゥーラアッチャカトゥーラアッポジャトゥーラコロラトゥーラソプラノタブラトゥーラトゥーラ遺跡ノーメンクラトゥーラフエルテベントゥーラ島ラトゥールトゥーラン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノーメンクラツーラの関連情報