体質(読み)たいしつ

デジタル大辞泉の解説

たい‐しつ【体質】

からだの性質。遺伝的素因と環境要因との相互作用によって形成される、個々人の総合的な性質。「風邪をひきやすい体質」「特異体質
団体・組織などがもつ、性質や特徴。「日本人の体質に合わない思想

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

体質【たいしつ】

すべての精神的・身体的な人間の形質総和で,遺伝と環境の相互作用によってつくられる。体理論としては,体型と性格の関連について肥満型と循環気質,細長型と分裂気質との親和性を論じたE.クレッチマーの研究が有名。また体質の反応様式による類型に特異体質,浸出性体質などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいしつ【体質 constitution】

体質とは,人体の各部位の形質の総和である。また,身体の形態や機能について生まれながらに備わっている全体論的な性状である。つまり,人体の一つ一つの部位(器官,臓器,組織など)を個別に調べても判明しない総合的な性状である。 近代医学は,人体の個々の部位を精査して病型を分類するが,16世紀のパラケルスス以前は,むしろ,人体を一つのまとまりとみなして,病気の原因を探っていた。すなわち,病気の原因を体質によって説明しようとしていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいしつ【体質】

生まれながらにもっている体の性質。また、性向。 「虚弱な-」 「何物にも妥協しない-」
組織などにしみ込んでいるある種の性質。 「保守的な-」 「党の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の体質の言及

【素質】より

…個人が先天的に持っている機能の身体的ないし精神的反応傾向のこと。このうち身体的反応傾向を体質と呼び,精神的反応傾向を気質と呼ぶ。一般的に素質は環境の対立概念として用いられてきた。…

※「体質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

体質の関連情報