ノー

精選版 日本国語大辞典「ノー」の解説

ノー

(no)
[1] 〘感動〙 否定反対拒否などの意志を表わすことば。いいえ。いや。
※栄力丸漂流記談(1856)一「『ノウサ』とは不知と云事也」
[2] 〘名〙 反対していること。拒否すること。
金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉続「居るなら、居る、然うなけりゃ、ないと言ふ迄で(イエス)か否(ノウ)かの一つじゃ」
[3] 〘語素〙 他の外来語に付けて、ないこと、必要としないこと、また、禁止することのを添える。「ノー‐マネー」「ノー‐コメント」「ノー‐スモーキング」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ノー」の解説

ノー(no)

[名]
否定。拒否。不賛成。「イエスノーか」
外来語の上に付いて、ないこと、しないこと、また、禁止することの意を表す。「ノーコメント」「ノースモーキング」
[感]拒否や不承知の意を表す語。いいえ。いや。だめ。
[補説]は、驚きや恐怖を感じたときや落胆したときなどにも発する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android