コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイタブ ハイタブHaithabu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイタブ
Haithabu

ユトラント (ユラン) 半島の南部,シュレースウィヒ地方にあった商人集落。スウェーデン方面から来たバイキングが建設したもので,10世紀には東西の遠隔地交易の中心地として繁栄。同世紀中頃からはデンマーク王の領土となったが,974年から神聖ローマ帝国に編入。その後,まもなくデンマーク領に戻り,商業ルートの変動に伴って衰えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のハイタブの言及

【ヘゼビュー】より

…ユトランド半島南部,バルト海より深くシュライSchlei湾が入り込んだ奥に位置するバイキング時代の交易地。ドイツ語ではハイタブHaithabuと呼ばれる。現在はドイツ領に属する。…

※「ハイタブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイタブの関連キーワードダーネビルケヘゼビュービルカ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android