ハイチゴザサ(読み)はいちござさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイチゴザサ
はいちござさ / 這稚児笹
[学]Isachne nipponensis Ohwi

イネ科の多年草。稈(かん)は高さ5~10センチメートル。葉は広披針(こうひしん)形で長さ1.5~3センチメートル、両面ともまばらな毛がある。9~10月、円錐(えんすい)花序をつける。小穂は淡緑色で長さ1.5ミリメートル。林内の湿地に生え、関西地方以西の本州から九州、および朝鮮半島南部、台湾に分布する。近縁種アツバハイチゴザサは葉は厚く、花序の枝が太く、小穂は長さ2~2.2ミリメートル。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハイチゴザサの言及

【チゴザサ】より

…マレーシアやインドネシアでは,若い穂を食用にし,飼料にもなる。近縁のハイチゴザサI.nipponensis Ohwiはチゴザサに似て丈が低く,茎は地上をはい,山間の湿地に生える。【小山 鉄夫】。…

※「ハイチゴザサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android