ハイデルベルク信仰問答(読み)ハイデルベルクしんこうもんどう(英語表記)Heidelberger Katechismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイデルベルク信仰問答
ハイデルベルクしんこうもんどう
Heidelberger Katechismus

1563年に承認されたキリスト教のカルバン改革派教会の重要な信仰告白。ドイツのファルツ選帝侯フリードリヒ3世が,すでにルター派が優勢であった自領内にカルバン系の改革運動を完成するための四大計画の一つとして,C.オレビアヌス,Z.ウルジヌスらの教会人,ハイデルベルク大学人などのグループに命じて,ルター派とも妥協できるように作成した問答体の教理体系。全体は 129の問答から成り,「人間の悲惨」「人間の救い」「感謝」の3部に分れている。ファルツがドイツにおけるカルバン派の中心となるとともに広く領外でも用いられ,各国語に翻訳された。現在も,ドイツ,スイス,オランダ,アメリカ,日本などの改革派教会で広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android