コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイトケンペル Heidkämper, George Friedrich Hermann

2件 の用語解説(ハイトケンペルの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ハイトケンペル Heidkämper, George Friedrich Hermann

1843-1900 ドイツの製靴技術者。
1843年12月31日生まれ。明治4年(1871)来日。紀伊(きい)和歌山藩の西洋沓(くつ)伝習所で,靴や馬具の製造技術をおしえ,製靴工業を育成した。のち藤田組などにつとめるが,晩年は不遇のうちに明治33年4月26日神戸で死去。56歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ハイトケンペル

没年:明治33.4.26(1900)
生年:1843.12.31
明治期に来日したドイツの製靴技術者。ブーフホルツ出身。和歌山藩は洋式軍制を取り入れ,ドイツからカッペンらの軍事教官を招いたが,それまでの草鞋に代わる軍靴の補給のため,明治4(1871)年ハイトケンペルを雇って革靴の生産を企てた。これには士族授産の目的もあり,廃藩後も民間事業として継続された。8年5月大阪に移り,藤田組,大倉組に就職して,製造指導に当たった。のち独立して貿易商社を起こしたが失敗,カナダを経てドイツに帰ったが,再び来日,神戸で困窮のうちに病没。明治の「富国強兵」策の一端をお雇い外国人として担った人物。<参考文献>重久篤太郎「和歌山藩におけるドイツ人」(『お雇い外国人』14巻)

(中井晶夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイトケンペルの関連キーワードシーメンズ西ドイツパンペリーエンデブラウンスドイツの整形外科靴技術エキスネルジーモンルボウスキール=マルシャン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone