コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイドロプレーニング ハイドロプレーニングhydroplaning

翻訳|hydroplaning

4件 の用語解説(ハイドロプレーニングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイドロプレーニング
ハイドロプレーニング
hydroplaning

雨などで濡れた路面を自動車が走行するとき,あるスピードの高速 (時速 90km付近) になると,急にタイヤと路面との接触が不完全になって,水面に浮いたような状態になる現象をいう。ハンドルブレーキとも無力になるため,蛇行,横転,衝突などの大事故となる場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハイドロプレーニング

自動車が水のたまった路面を高速走行中に,タイヤに生じる現象。タイヤが水を排除しきれなくなってタイヤと路面の間に水の膜が生じるもので,タイヤと路面の間の摩擦力が激減するため,制動や方向変更などのコントロールができなくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイドロプレーニング
はいどろぷれーにんぐ
hydroplaning

降雨などのため表面に水膜の張った舗装路を、自動車が高速で走るとき、ハンドルもブレーキも効かなくなる危険な状態をいう。アクアプレーニングaquaplaningともいう。もともとは、ハイドロプレーン水上飛行機や水上滑走艇の、アクアプレーンは今日の水上スキーやサーフボードの古い呼び方で、いずれも水面を滑るという意味である。水膜の張った舗装路を高速で走ると、タイヤの踏面と路面との間の水が逃げる余裕がなくなり、ちょうど潤滑油の上を滑るような状態になり、走行も制動も効かなくなるのである。その発生の状況は、舗装表面、水膜の厚さ、タイヤの種類や減りぐあいと空気圧、車重、車速などによって変わってくるが、実験によれば車重10トンを超える大型バスでもおこることが確認されている。ハイドロプレーニングはしばしば重大な交通事故の原因となるので、雨天時には晴天時よりも大幅に速度を抑えるよう心がけたい。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハイドロプレーニングの言及

【タイヤ】より

… なお,特殊なタイヤとして,雪路上でも走行できるように設計されたスノータイヤや,スノータイヤのトレッド面にスパイクを埋め込んで凍結路でも走行できるようにしたスノースパイクタイヤ(単にスパイクタイヤということが多い)があるが,後者は粉塵の発生が問題になっている。
[タイヤの特殊現象]
 自動車の安全運転に関係するタイヤの特殊な現象にスタンディングウェーブstanding waveとハイドロプレーニングhydroplaningと呼ばれる現象がある。前者は高速で走行するとき,タイヤ接地部の後方が波状に変形する現象で,タイヤの空気圧が低く,過積載によりタイヤ荷重が異常に大きい状態で高速走行すると発生することがある。…

※「ハイドロプレーニング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイドロプレーニングの関連情報