ハイパー・リアリズム(英語表記)hyper-realism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーパー・リアリズムともいう。極度の写実,というよりもむしろ,写真そっくりにパン・フォーカスの奥行きのなさや表面の光沢をまねたり,またカンバスに直接写真をプリントした作品もあることから,「フォト・リアリズム」とも呼ばれる。ポップ・アート以後の 1970年代アメリカの一つの傾向であり,アメリカの写実主義の伝統をそのまま受け継ぐ面もあるが,写真との関連によってリアルさの喪失,視覚の相対化を強調する傾向が強い。 C.クロースや R.エステスが有名。また D.ハンソンのろう人形のような本物そっくりの人間像の立体も含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android