コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイムリック法 はいむりっくほう

妊娠・子育て用語辞典の解説

はいむりっくほう【ハイムリック法】

気道に異物が入ったとき除去する方法の一つです。患者の背後から腹部を圧迫しますが、行ってはいけない場合・行なってはいけない人もいます(たとえば腹部が大きくなった妊婦さんはハイムリック法を行ってはいけません)。救急蘇生法講習会などに参加した際に教えてもらうとよいでしょう。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハイムリック‐ほう〔‐ハフ〕【ハイムリック法】

のどに異物を詰まらせた人に施す救急法の一。患者の体を背後から抱え、上腹部を強く圧迫するもの。乳幼児や妊婦、意識のない人には行ってはならない。名称は米国の医師ハイムリック(H.J.Heimlich)の名にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ハイムリック法の関連キーワード気道

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android