ハインリヒ[1世](読み)ハインリヒ

百科事典マイペディアの解説

ハインリヒ[1世]【ハインリヒ】

ザクセン朝初代のドイツ国王(在位919年―936年)。捕鳥王,都市建設王と称される。オットー1世(大帝)の父。初代ドイツ国王コンラート1世の指名とフランク,ザクセン諸侯の推挙で即位。東部・北部の辺境に多数の城塞(じょうさい)を設置,外敵を撃退し,ドイツ王国の基礎を築いた。
→関連項目ハインリヒ[2世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハインリヒ[1世]【Heinrich I】

875ころ‐936
ザクセン朝初代のドイツ国王。在位919‐936年。リウドルフィング(リウドルフ)家のザクセン大公オットーの息子で,912年大公位を継ぐ。919年,初代ドイツ国王コンラート1世の遺言により後継者に指名され,ザクセンとフランケンの豪族から国王に選挙された。バイエルン,シュワーベン両部族は最初彼の王位を認めず,バイエルン大公アルヌルフを対立国王に立てたが,ハインリヒ1世は両部族に大幅な自立性を与えることにより,彼の王位を承認させることに成功し,925年には一時西フランク王国領となっていたロートリンゲンを奪回,東方でも国境地域に多数の城塞を築いてスラブ人の侵入に備えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハインリヒ[1世]の言及

【ヘッセン】より

…ヘッセンは当初王領地として国王代官に治められていたが,12世紀にチューリンゲン方伯の支配下に入ってから領邦としての独自の発展を始める。 1247年チューリンゲン方伯家の男系断絶ののち,ブラバント家のハインリヒ1世Heinrich I(1244‐1308)がヘッセン方伯となり,92年帝国諸侯に列せられた。方伯は1277年以降カッセルに居城を構え,ヘッセンに勢力を伸ばそうとするマインツ大司教と争いつつ支配圏を広げ,フィリップ寛仁伯Philipp der Grossmütige(1504‐67)の時代にその勢力は絶頂に達した。…

【ザクセン朝】より

ハインリヒ1世(在位919‐936)にはじまる中世ドイツ王国最初の王朝。919‐1024年。…

【ヘッセン】より

…ヘッセンは当初王領地として国王代官に治められていたが,12世紀にチューリンゲン方伯の支配下に入ってから領邦としての独自の発展を始める。 1247年チューリンゲン方伯家の男系断絶ののち,ブラバント家のハインリヒ1世Heinrich I(1244‐1308)がヘッセン方伯となり,92年帝国諸侯に列せられた。方伯は1277年以降カッセルに居城を構え,ヘッセンに勢力を伸ばそうとするマインツ大司教と争いつつ支配圏を広げ,フィリップ寛仁伯Philipp der Grossmütige(1504‐67)の時代にその勢力は絶頂に達した。…

※「ハインリヒ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android