コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットー[1世] オットー

2件 の用語解説(オットー[1世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オットー[1世]【オットー】

ドイツ,ザクセン朝の王(在位936年―973年)。ハインリヒ1世の子で大帝と称される。962年教皇ヨハネス12世から帝冠を受け神聖ローマ帝国を創始。早くからノルマン,マジャールなど外敵を討ち(レヒフェルトの戦),国家統一強化も強力に推進。
→関連項目西ローマ帝国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オットー[1世]【Otto I】

912‐973
ザクセン朝第2代のドイツ国王,在位936‐973年。神聖ローマ皇帝,在位962‐973年(967年以降はオットー2世との共同皇帝)。父ハインリヒ1世の後をうけて王朝の基礎を確立し,ドイツの国家統一を強力に推進した。当時のドイツはザクセン,フランケン,ロートリンゲンシュワーベンバイエルンの自立性の強い諸部族大公領から成っていたが,オットーはこれを抑えるため近親者を部族大公に配し,国家統一の強化を図った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオットー[1世]の言及

【オソン[1世]】より

…在位1832‐62年。ドイツ名オットーOtto。バイエルン王ルートウィヒ1世の次男として生まれ,1832年のロンドン会議で列強(英,仏,露)により近代ギリシア初代の国王に選出された。…

【ザクセン朝】より

…919‐1024年。オットー1世(在位936‐973),オットー2世(在位973‐983),オットー3世(在位983‐1002)と直系相続で続き,次いでハインリヒ1世の曾孫ハインリヒ2世(在位1002‐24)が継ぎ,その死後ザリエル朝に替わった。 王家の祖先は東部ザクセンの豪族リウドルフLiudolf(866没)で,正しくはリウドルフィング家Liudolfingerと呼ばれる。…

【神聖ローマ帝国】より

… カール大帝の直後にはじまったカロリング朝の解体と,ノルマン,マジャール,イスラム教徒による侵入のなかで事実上の機能停止に陥っていた皇帝権は,10世紀後半以降,ザクセン朝ザリエル朝のドイツ諸王のもとに再び有力な担い手を見いだした。962年にローマ教皇から皇帝の冠を受けたオットー1世は,公式には後期フランク時代以来の官房用語の伝統にならって〈尊厳なる皇帝imperator augustus〉とのみ称したが,オットー3世は996年の戴冠直後に〈尊厳なるローマ人の皇帝Romanorum imperator augustus〉なる称号を採用した。これは決して偶然のことではなく,地中海的ローマ帝国の建設をさえ夢みたこの皇帝の熱烈なローマ理念は,皇帝印璽に刻まれた〈ローマ帝国の復興renovatio Romani imperii〉の標語にもはっきり表明されている。…

【ドイツ】より

… 東フランク王国においては911年にフランク族のコンラート1世が即位し,カロリング期の伝統から離れ,919年のハインリヒ1世の即位によってザクセン朝の支配がはじまった(図1)。962年にオットー1世(在位936‐973)は皇帝の冠を戴き,ローマ・カトリック教会に対する庇護権をもつ神聖ローマ帝国が成立した。オットー1世は東から侵入しつつあったマジャール人に対して辺境伯領Markを設置し,レヒフェルトの戦(955)でその進出をはばみ,帝国の統一に努力を傾けた。…

【ベローナ】より

…774年カール大帝がベローナを征服し,その息子ピピンはここを彼の王国の主要都市として発展させた。イタリア王国が崩壊すると,オットー1世はイタリアへの安全な道を確保するため,ベローナの統治をバイエルン公に委託し,11世紀末までドイツ人司教がベローナ教区を管轄することになった。12世紀前半にコムーネが成立し,1167年教皇派のロンバルディア都市同盟に参加した。…

【辺境伯】より

…例えば,ピレネー山脈以南のスペイン・マルク,帝国南東部パンノニアのマルク・フリアウルなどであり,そこには中央からほとんど国王の全権を与えられた辺境伯が派遣された。その後オットー1世はスラブ人,マジャール人の侵入に備えて東部辺境防衛体制を再編成し,エルベ川地方のノルトマルク,バイエルン東部のオストマルクなど一連のマルクをもって国境を固め,有力な諸貴族に辺境伯の任務を託した。これらのマルクは11世紀になると,それぞれ数個の小マルクに分かれる傾向を示し,そこからブランデンブルク,マイセン,オーストリア,シュタイアーマルクその他諸マルクが成立した。…

【マクデブルク】より

…その起源はフランク王国の城砦所在地として登場する9世紀にまでさかのぼるが,その後の発展にとり決定的だったのは,ここがキリスト教東方伝道の前哨拠点に選ばれたことである。すなわち,東方の安定を図るとともに教会を帝権の支柱たらしめる政策を推進した神聖ローマ帝国初代皇帝オットー1世によって,968年マクデブルク大司教座が新設された。同時に同市は商業の中心地としても栄え,大司教の支配と保護の下で早くから商人定住地が発達した。…

【レヒフェルトの戦】より

…ドイツ国王オットー1世マジャール人の侵入を撃退した戦い。955年バイエルンに侵入したマジャール人は,さらにシュワーベンに侵入を企て,アウクスブルクを攻撃したが,アウクスブルク司教の指揮する守備軍の抵抗により,陥落させることができなかった。…

※「オットー[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

オットー[1世]の関連キーワードハインリヒルイ[4世]ハインリヒゼネラル・モーターズ(GM)オットー旧事紀後晋後唐高麗後百済

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone