コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ1世 ハインリヒいっせいHeinrich I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインリヒ1世
ハインリヒいっせい
Heinrich I

[生]875頃
[没]936.7.2. メムレーベン
ドイツ王 (在位 919~936) 。ザクセン朝の始祖。ドイツにおけるカロリング朝が絶え,フランケン家のコンラート1世の過渡的王権が生れた頃のザクセン部族公で,当時の最有力諸侯の一人であった。チューリンゲンの領土をめぐってコンラート1世と常に対立していたがやがて和解し,その指名により 919年ドイツ王に選出された。彼は初代の神聖ローマ皇帝オットー1世 (大帝) の父であり,ドイツ王権の基礎をすえたものといってよい。即位当初,彼を国王として認めようとしないシュワーベンおよびバイエルンと戦ってこれを屈伏させ,また西方ではロートリンゲン回復のための戦いを2度にわたって起し,ついに目的を達成。他方,東方においてはマジャール人の侵入を押えるため,これを懐柔するとともに城塞を構築して防衛を固めた。また北東方ではスラブ人征服にも乗出し,928年のちのブランデンブルクであるブレンナボルを征服したが,これはのちのドイツ東部植民の発端とし重要な意義がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハインリヒ1世の関連キーワードクヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街クウェートリンブルクオットー1世(大帝)ハインリヒ[2世]バーツラフ[1世]ブランデンブルク州コンラート[1世]ハインリヒ[1世]ヘドウィヒ・ガラスリウドルフィング家オットー(1世)オットー[1世]チューリンゲン州ワーツラフ聖公東フランク王国マイセン[市]ノルトハウゼンローエングリンロタリンギアイタリア政策

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android