ハクニー(英語表記)Hackney

翻訳|hackney

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハクニー
Hackney

イギリスイングランド南東部,グレーターロンドンを構成する 33地区の一つ。内部ロンドンに属する区で,ロンドン市(シティ)の北東に接し,北東はテムズ川支流リー川によってかぎられる。シティに近い南部は商工業地区で,家具,衣類などの伝統工業が盛ん。リー川の谷には製材などの工業が立地し,近年公園地帯としても開発されている。そのほかの地域はおもに住宅地で,チューダー朝以降,貴族の大邸宅が多く建てられた。家具の博物館であるジェフリー博物館などがある。ショーディッチにはエリザベス朝時代最初の劇場(1576~98)が建てられた。面積 19km2人口 20万2824(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハクニー
はくにー
Hackney

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の動物。同科の一種ウマの一品種で、イギリス原産。ノーフォーク速歩馬ともよばれる乗用馬車用の軽輓馬(ばんば)で、膝(ひざ)、飛節(ひせつ)を高くあげ、極端に曲げる歩様は華麗である。体高1.55~1.6メートル。明治・大正時代に日本にも輸入された。

[加納康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ハクニー

〘名〙 (hackney) 馬の一品種。イギリスのノーフォーク地方原産。前膝を高く上げる華麗で軽快な歩き方をし、特に軽四輪車を引かせるのに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報