コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハサン・イブヌッ・サッバーフ Ḥasan ibn al-Sabbāḥ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハサン・イブヌッ・サッバーフ
Ḥasan ibn al-Sabbāḥ

[生]? クム
[没]1124. ダイラム
イランのアサッシン派組織の創設者。ハサネ・サッバーフともいう。レイで教育を受け,イスマーイール派に改宗。 1078年エジプトのファーティマ朝に送られ,帰国後イラン各地で布教活動に従事。 1090年ダイラム地方のアラムート要塞を奪取,ここからルードバールや東方のクーミスやクヒスタン方面に勢力を拡大。同時に暗殺者フィダーイーを放ってセルジューク・スンニー体制 (→セルジューク朝 ) の要人暗殺を敢行。 1094年のファーティマ朝との決裂後はニザール派の指導者として独自の運動を展開し,いわゆる「新教説」の主導者と認められる。思想家,著述家でもあり,自伝の断片と神学論文の概要が現存する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハサン・イブヌッ・サッバーフの関連キーワードホノリウス2世天治カリクスツス2世デービッド1世ケレスチヌス2世サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂平泉奥義抄金色堂天治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android