コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハズガン ハズガンKhazghan

1件 の用語解説(ハズガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハズガン
ハズガン
Khazghan

[生]?
[没]1357
チャガタイ・ハン国末期のエミール (首領) 。 14世紀前半にチャガタイ・ハン国は東西に分裂したが,西部 (西トルキスタン) にあったエミールの一人ハズガンは,ハン位についていたカザン・ハンに反抗して挙兵し,彼を殺害してオゴデイ家の子孫ダニシュメンディエをハン位につけてこれをあやつった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハズガンの関連キーワード京都銀行自立支援医療制度ツォンカパ方孝孺文観楠木正儀賢俊乾峰士曇広義門院後円融天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone