コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方孝孺 ほうこうじゅFang Xiao-ru

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方孝孺
ほうこうじゅ
Fang Xiao-ru

[生]至正17(1357)
[没]建文4(1402)
中国,明初の学者,文学者。台州寧海 (浙江省象山県) の人。字,希直,希古。号,遜志,正学。宋濂 (そうれん) の門に入って抜群の俊才といわれ,洪武帝に召され漢中教授となり,建文帝が即位すると翰林院侍講から侍講学士に進み,また『太祖実録』などの編纂を総裁した。やがて燕王朱棣 (しゅてい。のちの永楽帝) が南京を陥れ,建文帝が火中に崩じたとき,捕えられて永楽帝の即位の詔を起草するよう求められたが聞かず,一族,友人,門弟 873人とともに殺された。主著『遜志斎集』 (24巻) ,『侯城雑誡』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐こうじゅ〔ハウカウジユ〕【方孝孺】

[1357~1402]中国、初の朱子学者。寧海(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は希直・希古。号、遜志(そんし)。正学(せいかく)先生と称された。恵帝に仕え、王道政治を説き、燕(えん)王(のちの永楽帝)に反抗し、一族・弟子とともに死刑に処せられた。著「遜志斎集」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

方孝孺【ほうこうじゅ】

中国,明初の朱子学者,政治家。浙江の人。1392年洪武帝の信任を得て漢中府学教授,建文帝のとき,国政に参与した。1402年建文帝の叔父燕王が兵を起こし南京を陥れると,建文帝はのがれたが孝孺は捕らえられた(靖難(せいなん)の変)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうこうじゅ【方孝孺 Fāng Xiào rú】

1357‐1402
中国,明初の学者。浙江省寧海県の人。字は希直または希古,号は遜志,別に方正学とよばれる。代々官僚の家の子で,10歳で当代の碩学宋濂(そうれん)に学び,濂門の第一人者とうたわれた。はじめ洪武帝に召されたが,建文帝の即位とともに翰林院侍講に任ぜられ,ついで侍講学士にすすみ,国政の枢機に参画した。燕王(のちの永楽帝)が挙兵して〈靖難の変〉が起こると,帝の側近にあって輔佐したが,戦いに敗れて建文帝は没し,彼自身も捕らえられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうこうじゅ【方孝孺】

1357~1402) 中国、明の学者。字あざなは希直・希古。号は遜志。正学と称する。諡おくりなは文正。恵帝の侍講となり国政に参与。燕王棣てい(のちの永楽帝)の挙兵に抵抗して敗れ、永楽帝の詔勅起草を拒んで磔刑たくけいに処せられた。文集「遜志斎集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

方孝孺
ほうこうじゅ
(1357―1402)

中国、明(みん)代初期の思想家。字(あざな)は希直(きちょく)、または希古(きこ)、号は遜志(そんし)。浙江(せっこう)省象山県の人。その廬(いおり)を正学と名づけた。儒仏を究めた明初の文雄、宋濂(そうれん)に学んで学殖を深めた。恵帝(建文帝)が1398年に即位すると翰林侍講(かんりんじこう)、翰林博士、文学博士と累遷し、国家大政の諮問にあずかり、燕(えん)王朱棣(しゅてい)(後の永楽帝)が兵をおこすと討伐の詔檄(しょうげき)を全部書いた。恵帝が自焚(じふん)し、成祖永楽帝が即位して、即位の詔(みことのり)を書くことを命ぜられると死をもって拒絶し、「燕賊纂位(えんぞくさんみ)」と書いて磔刑(たっけい)に処せられ、一族847人も族滅された。著書はいま『遜志斎集』24巻のみが残っている。思想内容は朱子学の枠を出ない。むしろ「大義名分」を発揮した正義の人として、党争、弾圧の激しかった明末に、とくに東林派に高く評価され、日本においても崎門(きもん)学派の人に評価された。田公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

方孝孺の関連キーワード靖献遺言

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android