コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハダ(哈達) ハダHada

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハダ(哈達)
ハダ
Hada

中国,明代のフルン (扈倫) 四部 (海西女直) 所属の一国。開原の東南の広順関外のハダに位置したのでハダと称する。広順関で明との貢市 (貿易) をもったため,明朝ではハダを南関と称した。その祖先はウラ国の部長であったが,ワン・ハン (万汗) のときにハダの汗となり,ウラ,エホ (葉赫) ,建州女直の一部を服属させる強力な国家となった。ワン・ハン没後衰え,万暦 29 (1601) 年にヌルハチ (奴児哈赤) に併合された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハダ(哈達)の関連キーワードフルン(扈倫)四部エホ(葉赫)ウラ開原万暦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android