ハダ(哈達)(読み)ハダ(英語表記)Hada

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハダ(哈達)
ハダ
Hada

中国,明代のフルン (扈倫) 四部 (海西女直) 所属の一国。開原の東南の広順関外のハダに位置したのでハダと称する。広順関で明との貢市 (貿易) をもったため,明朝ではハダを南関と称した。その祖先はウラ国の部長であったが,ワン・ハン (万汗) のときにハダの汗となり,ウラ,エホ (葉赫),建州女直の一部を服属させる強力な国家となった。ワン・ハン没後衰え,万暦 29 (1601) 年にヌルハチ (奴児哈赤)に併合された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android