コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハトル Hathor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハトル
Hathor

古代エジプト神話の女神。天の女神として通常レーの娘,ホルスの妻とされる。ときには彼女の名は「ホルスの家」と解釈され,ホルスの母とみなされた。小安貝,雌牛などに象徴される繁殖,育児の神。また,歓喜と愛の女神として広く信仰された。「西方の女王」の名のもとに,テーベの地下墓地の守護神でもあり,『死者の書』 (前 1570~1305?) には彼女を象徴するリビアの山の牛の姿が描かれている。おそらく先王朝時代以来の古い神で,王朝時代に入ってきた多くの女神の原型と思われる。天の雌牛としてのハトルはヌト,戦いの女神としてはセケトと呼ばれる。主聖所はデンデラにあり,ホルスと息子イヒとともに祀られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハトルの関連キーワードデル・エル・バハリ神殿フロインフォッサルアブシンベル神殿アイスランド文学デルエルマディナザッハートルテアルボルズ山脈レイキャビークピェトルソンエジプト音楽フィラエ遺跡メンカウラーネフェルタリバイエル石アメントダンダラ洋菓子ネイトサティ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android