コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンデラ デンデラDendera; Dandarah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デンデラ
Dendera; Dandarah

エジプトのルクソールの北方 70kmのナイル川右岸にある古代の遺跡。上エジプトの第6ノモスの都で,ハトル女神の信仰の中心地であった。古王国時代からハトル女神を祀る神殿が建てられたが,現存するものはプトレマイオス朝時代後期からローマ帝国時代にかけてのもので,エスナエドフの同時代のものとともに,エジプトの神殿のなかで最も保存がよい。塔門と多柱室の前面の柱が一体となったプロナオス様式である。ハトル柱,多柱室天井の「天体の図」,ルーブル美術館所蔵の屋上にあるオシリス聖堂の天井の「ソディアック (黄道帯) 」,外壁にある「クレオパトラの浮彫」が有名。聖域内には誕生殿とコプト教会跡がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デンデラの関連キーワード陽関JR宝塚線脱線事故JR福知山線脱線事故阿寺断層揖保川ウプサラオトラント海峡海河鹿児島湾鹿島浦

デンデラの関連情報