コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌト ヌト Nut

翻訳|Nut

2件 の用語解説(ヌトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌト
ヌト
Nut

エジプト神話の女神。ディオスポリス・バルバで崇拝された天神。ゲブ双生児の妹だったが,レーの意にそむき知らぬ間にゲブと一緒になった。2人は初め重なり合っていたがシューが天を差上げたので,ヌトは弓なりになって手足の指で身を支え,星のちりばめられたその腹部は天の穹窿を形づくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌト
ぬと
Nut

エジプト神話で、原初の水を表すヌーに対応する女性形の名をもつ原初の神性。大地に覆いかぶさる女性の姿をもって表される。普通、体には星がちりばめられ、男神シューが下から体を支えている。ヌトは大地の神ゲブの妻で、男神オシリスとセト、女神イシスネフティスを生んだが、シューによってゲブとの間を分け隔てられたという神話と、地上の人間が太陽神ラーに反抗を企てたときに大地から自分の体を引き離し、シューがこれを助けたという神話とがある。雌牛の形で表されることもある。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌトの関連キーワードオシリスデンデララトポリスエジプト鼠エジプト綿古代エジプト語アポリノポリスエジプト風ヌンバステート

ヌトの関連情報