コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌト Nut

翻訳|Nut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌト
Nut

エジプト神話の女神。ディオスポリス・バルバで崇拝された天神。ゲブの双生児の妹だったが,レーの意にそむき知らぬ間にゲブと一緒になった。2人は初め重なり合っていたがシューが天を差上げたので,ヌトは弓なりになって手足の指で身を支え,星のちりばめられたその腹部は天の穹窿を形づくった。レーの娘として,ヌトも太陽の母とされ,毎朝太陽は彼女の胸から生れ出るものとされた。また死者の守護神ともみなされた。雌牛の形や,頭上に丸い壺を載せた人間の形で表わされる。オシリス,ハロエリス,セトイシス,ネブテュスは彼女の子供である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌト
ぬと
Nut

エジプト神話で、原初の水を表すヌーに対応する女性形の名をもつ原初の神性。大地に覆いかぶさる女性の姿をもって表される。普通、体には星がちりばめられ、男神シューが下から体を支えている。ヌトは大地の神ゲブの妻で、男神オシリスとセト、女神イシスとネフティスを生んだが、シューによってゲブとの間を分け隔てられたという神話と、地上の人間が太陽神ラーに反抗を企てたときに大地から自分の体を引き離し、シューがこれを助けたという神話とがある。雌牛の形で表されることもある。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヌトの関連キーワードエーレンベルク(Christian Gottfried Ehrenberg)ヨウェリ・カグタ ムセベニシュー(古代エジプト神話)ランゲ(カナダの小説家)ドラケンスバーグ[山脈]ギュスターヴ サンジェトゥリシェン(図理琛)ドラケンスバーグ山脈ドラケンスベルク山脈タバナントレニャナ山ウィーン美術史美術館ワンタン(雲呑)トウバナ(塔花)アタチュルク廟トゥーバ共和国スワジランドトスカノ諸島エジプト科学エジプト神話小池万瑠美

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android