ホルス(英語表記)Horus

翻訳|Horus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルス
Horus

エジプト神話の神。大ホルスなどの太陽神を意味するホルスと,小ホルスと呼ばれるオシリスイシスの息子であるホルスとがあるが,次第に小ホルスが大ホルスの役割を兼ねて優勢になったという。太陽神のホルスは鷹神とされるが,崇拝される地域によって異なった呼称と役割をもつ。たとえば「年長のホルス」 (大ホルス) は太陽と月を両眼とする空の神で,弟セトに勝利を得たと伝えられ,「地平線のホルス」は,太陽を意味し,次第に太陽神レーと混同されるようになった。「地平線を見出すホルス」は,カフラー王のピラミッド脇のスフィンクスの名で,太陽の人格化である。一方,小ホルスは父の仇を討ち,上・下エジプトの主となった。そのためファラオたちは皆「生けるホルス」の称号をもつ。彼を守護神とする都市はエドフオンボスなどで,たかを聖鳥とする信仰は全エジプトに広がった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホルス

古代エジプトの主神,天空神。ハヤブサないしハヤブサの頭をもつ人間として表される。オシリスイシスの子。セトを殺して父の仇(あだ)を討ち王位につく。王権の守護神で,自身ホルスの化身と考えられたファラオは必ず〈ホルス名〉をもつ。イシスに抱かれる幼児としての同神は,ギリシア人によってハルポクラテスと呼ばれた。〈ホルスの眼〉は護符の一種で,健康,豊穣,完全性の象徴。
→関連項目エドフハトホル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホルス【Horus】

古代エジプトの天空神,王権の守護神。ハヤブサまたはハヤブサの頭をした人物として表現される。起源は大空を飛ぶハヤブサの姿からイメージされた天空神で,天空は広げた翼,日月はその両眼とされた。早くより王国統一を推進する上エジプト王と結びつき,王はその化身とされ,王権理念(〈神王理念〉)の中核を形成し,王名の先頭に記される〈ホルス名〉はハヤブサを頂く宮殿の枠(セレク)内に記された。砂漠と暴力の神セトとの争いの神話はオシリス神話に取り込まれ,ホルスはオシリスの子で,父を殺害した叔父セトと対決し,神々の法廷においてエジプト王位の継承を正式に認められたとされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ホルス【Horus】

古代エジプトの天空神・太陽神。鷹または鷹頭人身をもって表される。オシリスとイシスの子で、父の仇かたきセトを討ちエジプト王になったという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルス
ほるす
Horus

(たか)の姿をした古代エジプトの男神。ホルスはギリシア名で、原語ヘル(またはハル)は「遠くにあるもの」を意味し、天空神・太陽神として広く尊崇された。プルタルコスの伝える「オシリス神話」では、ホルスはオシリスとその妻で妹のイシスの子であり、父オシリスがその弟セトにより殺されたので、のちにその敵(かたき)を討ち、上下エジプトの王となったという。この神話は「ホルスとセトの争い」というパピルス文書でも伝えられており、エジプト人によく知られていたテーマであった。ホルスはしばしば母イシスに抱かれ指をくわえている幼児として表され、ハルポクラテス(これもギリシア名で、原語はヘル・パ・ヘルド「幼児のホルス」)とよばれた。また鷹の姿のこの神の二つの目は太陽および月とみなされたので、ウジャット(ホルスの目)への信仰が生じ、ウジャット形の護符がよく用いられた。[矢島文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ホルス

(Horus) 古代エジプトの男神。「イシスの子ホルス」「幼児のホルス」「復讐者ホルス」「地平線間のホルス(太陽神ラーと同一視されたため)」などの呼称を持ち、各地で崇拝された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のホルスの言及

【オシリス】より

…オシリスは大地の神ゲブと天の女神ヌートの子で,エジプト王として善政をしくが,弟である邪神セトにねたまれて殺され,ばらばらにされて投げ捨てられる。しかし妹で妻であるイシスの手で身体をつなぎ合わされ,ミイラとされて復活し,神々の法廷でセトを断罪,長子ホルスをエジプト王とし,自らは永生を得て冥界の王となる。この神話に基づいて,ホルスの化身である王は,死んでオシリスとなり,永生を得,次の王がホルスとして即位するとされた。…

【スラブ神話】より


[神々の起源]
 10世紀の東スラブに異教神のパンテオンが存在していたことを伝える数少ない記述の一つとして《原初年代記》(別名《過ぎし年月の物語》)がある。ここには雷神ペルーンPerunをはじめとして,家畜と富の神ベーレスVeles(ボーロスVolos),太陽神としてダージボグDazh’bogとホルスKhors,火の神スバローグSvarog,風の神ストリボーグStribog,女性労働の守護神モーコシMokosh’,七頭神セマールグルSemarglの名前があげられ,それらの偶像がキエフ大公ウラジーミルによってキエフの丘の上に建てられていたことが記されている。この中でストリボーグはインド・ヨーロッパ語族に起源をもつもの,ホルスはエジプトの太陽神とつながるもの,スラブに広く存在したモーコシはフィン系民族の女神にさかのぼると考えられる。…

【目∥眼】より

…ヒッタイト神話の嵐神は竜神に心臓と目を奪われたが,竜神の娘と結婚させた自分の息子を使って心臓と両眼を取り戻し,のちに竜神に復讐(ふくしゆう)した(《竜神イルルヤンカシュの神話》)。エジプト神話のホルスは母イシスの首をはねた罰としてセトの手で両眼をえぐられた。セトはこれを山に埋めて両眼が大地を照らすようにし,両眼は球根となってロータスが生える。…

※「ホルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホルスの関連情報