ハドリアヌスの長城(読み)はどりあぬすのちょうじょう(英語表記)Hadrian's Wall

翻訳|Hadrian's Wall

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハドリアヌスの長城
はどりあぬすのちょうじょう
Hadrian's Wall

イギリスにある古代ローマの長城。ローマ皇帝ハドリアヌスがブリタニア(現在のイングランド)北部に築かせたもの。122年着工、126年完成。西はソルウェー湾から東は北海に近いウォルゼンドまで延々118キロメートルに及ぶ。前面に幅約8メートルの堀を備え、城壁は当初は一部土塁であったが、のちに完全に石造に改められ、高さ約4メートル半、幅約2メートル半あった。途中に15の城塞(じょうさい)、そして約1475メートルごとに守備兵のための塔、さらに各塔の間に二つずつの小塔を設けてあった。保存状態がもっともよいのは、カーライル市東方のグリーンヘッドからソウイングシールズの間で、古代の姿が十分想像できるだけの原形をとどめている。1987年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。なお、2005年にドイツのリーメスLimes(ローマ帝国の辺境防塁)が区域を拡大して世界遺産に登録され、ハドリアヌスの長城を含め登録名が「ローマ帝国の国境線」に変更された。

[紅山雪夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android