コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドリアヌス長城 ハドリアヌスちょうじょうLimes Hadrianus; Hadrian's Wall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドリアヌス長城
ハドリアヌスちょうじょう
Limes Hadrianus; Hadrian's Wall

ローマ皇帝ハドリアヌスが 122~126年に建設した帝国の北辺を固める城壁。かなりの部分が遺跡として現存。ブリタニア (現イングランド) 北部,タイン河口からソルウェイ湾頭までで,全長約 117km。高さ平均6~7m,ところどころに警備兵の砦があった。のち 142年さらに北にアントニヌス長城ができたが,蛮族の侵入が続き,ついに 400年までには放棄された。 1987年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハドリアヌス長城の関連キーワードスコティッシュボーダーズカーライルカレドニアタイン川リメス

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハドリアヌス長城の関連情報