ハドロサウルス

百科事典マイペディアの解説

ハドロサウルス

カモノハシ竜とも。白亜紀後期の草食恐竜。体長9〜12m。水陸両生。二脚歩行あるいは四脚歩行で泳ぎもできた。口先はカモノハシのように扁平。ミイラの化石から足にみずかきがあることが判明した。歯の数は多く,総計2000個。化石は北米に多い。かつてはトラコドンとも呼ばれていた。樺太(サハリン)産の日本竜もこの仲間である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ハドロサウルス

白亜紀後期に生息した鳥盤類鳥脚類の草食恐竜。全長約8メートル。非常に状態のよいミイラ化石が発見されたことで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のハドロサウルスの言及

【カモハシ竜(鴨嘴竜)】より

…脊柱には強い腱が発達していた。トラコドンTrachodon(ハドロサウルスHadrosaurusともいう)が代表的なもので,日本竜もこの仲間である。恐竜【長谷川 善和】。…

※「ハドロサウルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハドロサウルスの関連情報