コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドロサウルス

2件 の用語解説(ハドロサウルスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハドロサウルス

カモノハシ竜とも。白亜紀後期の草食恐竜。体長9〜12m。水陸両生。二脚歩行あるいは四脚歩行で泳ぎもできた。口先はカモノハシのように扁平。ミイラの化石から足にみずかきがあることが判明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ハドロサウルス

白亜紀後期に生息した鳥盤類鳥脚類の草食恐竜。全長約8メートル。非常に状態のよいミイラ化石が発見されたことで知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハドロサウルスの言及

【カモハシ竜(鴨嘴竜)】より

…脊柱には強い腱が発達していた。トラコドンTrachodon(ハドロサウルスHadrosaurusともいう)が代表的なもので,日本竜もこの仲間である。恐竜【長谷川 善和】。…

※「ハドロサウルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハドロサウルスの関連キーワードイグアノドンステゴサウルス鳥盤類トリケラトプス白亜紀プロトケラトプスアパトサウルス恐竜擾乱(じょうらん)白亜系ハドロサウルス類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハドロサウルスの関連情報