コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本竜 にほんりゅう

百科事典マイペディアの解説

日本竜【にほんりゅう】

正しくはニッポンリュウ。白亜紀後期に生存したハドロサウルスの一種。1934年樺太(サハリン)南部の川上炭鉱で発掘された。学名はニッポノサウルス・サハリネンシス。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

日本竜

白亜紀後期に生息した鳥盤類鳥脚類の草食恐竜「ニッポノサウルス」の俗称。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんりゅう【日本竜 Nipponosaurus sachalinensis】

爬虫類鳥盤目のカモハシ竜に属する恐竜。〈にっぽんりゅう〉ともいう。1934年に,サハリン南部(旧南樺太豊原郡)の三井鉱山川上炭坑のグランド工事のとき発見され,36年に長尾巧により報告された。3年後に残りの部分が炭坑の関係者から寄贈され,両者を合わせるとほぼ1体分となった。産出した地層は白亜紀後期の海成層である。体長3.5m大の比較的小型の恐竜で,頭骨は完全でないが,短く,高く,比較的幅広い。頭頂のたかまりはほとんどない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の日本竜の言及

【恐竜】より

…アメリカ隊(3回)の次はソビエト隊,ポーランド隊などが次々と発掘を行い,現在では中国の新疆ウイグル地区と並んで重要な恐竜産地となっている。南サハリンからはカモハシ竜に属する日本竜Nipponosaurusが1934年に発見され,長尾巧が記載した。日本列島では長崎県西彼杵郡高島町三菱高島礦業所二子立坑の地下917m地点の砂岩層中からカモハシ竜の上腕骨が1962年に出たと報告されている。…

※「日本竜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本竜の関連情報