ハナトウガラシ(読み)はなとうがらし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナトウガラシ
はなとうがらし / 花唐辛子
[学] Capsicum annuum L.

ナス科の一年草。熱帯アメリカ原産で、いわゆるトウガラシの仲間であるが、もっぱら観賞用に栽培される。果実の形は長短変化に富み、成長するにつれて乳白、橙(だいだい)、赤、紫色と多彩に変化するので、ゴシキトウガラシ(五色唐辛子)の名がある。しかし品種によっては、緑色の果実が成熟して赤色に変わるだけのものもある。繁殖は実生(みしょう)により、4~5月が適期である。高温、乾燥でよく育つ。主として鉢植えにする。

[伊藤秋夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android