コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハヌカ祭 ハヌカさいHanukkah

翻訳|Hanukkah

1件 の用語解説(ハヌカ祭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハヌカさい【ハヌカ祭 Hanukkah】

ユダヤ教の祭日。〈宮潔(きよ)め祭〉ともいう。ユダヤ暦のキスレウ月(太陽暦の11~12月)25日から1週間続く。前164年キスレウ月25日に,マカベア家のユダ(ユダス・マカバイオス)が,セレウコス朝アンティオコス4世エピファネスによって汚されたエルサレム神殿を潔め,再びユダヤ教の聖所として奉献したことを記念する祭り。〈光の祭り〉とも呼ばれ,ハヌキヤという名の8枝の燭台を飾り,祭りの間,1夜に1灯ずつ光を増やしていく習慣が守られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハヌカ祭の言及

【ユダヤ教】より

…律法の歓喜祭(同22日)――1年かかった律法の読了を祝う。ハヌカ祭(キスレウ月25日~テベト月2日)――前164年のエルサレム神殿奪回の記念。プリム祭(アダル月14~15日)――エステルがユダヤ人を救った伝承の記念。…

※「ハヌカ祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone