飾り(読み)カザリ

デジタル大辞泉の解説

かざり【飾り】

飾ること。また、飾るもの。装飾。装飾品。「客間の飾りにする」「胸に花の飾りをつける」
表面、外見をよく見せようと取り繕うこと。飾りけ。「飾りのない素朴な人柄」
実質的な意味はもたず、体裁をととのえるために置かれるもの。「会長とはいっても飾りでしかない」
(多く「お飾り」の形で)正月のしめ飾り松飾り 新年》「めでたさや―の蜜柑盗まれて/子規
頭髪。髪の毛。
「何故―を切ったるぞ」〈伎・名歌徳〉
[補説]1で、金属製の装飾品は「錺り」とも書く。
[下接語]腕飾り・襟飾り御(お)飾り髪飾り首飾り注連(しめ)飾り妻飾り床(とこ)飾り・鼻飾り・船(ふな)飾り蓬莱(ほうらい)飾り松飾り耳飾り棟(むね)飾り輪飾り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かざり【飾り】

〔動詞「飾る」の連用形から〕
美しく、また立派に見えるように添える物。
うわべだけの美しさ。虚飾。 「 -の多い文章」 「 -のない人」
実質的な役割より、見かけをととのえるためにあるもの。 「会長といっても-だ」 「 -ポケット」
(多く「おかざり」の形で)松飾り・注連しめ飾りなどの総称。 [季] 新年。
髪の毛。頭髪。 → かざりをおろす
[句項目] 飾りをおろす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の飾りの言及

【飾師】より

…飾りをおもな仕事とする職人で,飾職ともいった。飾りは錺とも書き,金属加工技術のうちの鎚金(ついきん),鎚起(ついき)のことをいう。…

※「飾り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飾りの関連情報