コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハフス朝 ハフスちょう Ḥafṣ

2件 の用語解説(ハフス朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハフス朝
ハフスちょう
Ḥafṣ

北アフリカ,チュニジアイスラム王朝 (1228~1574) 。ムワッヒド朝をつくった宗教運動であるムワッヒドゥーン運動の指導者の一人,アブー・ハフス (1176没) の流れをくむ王朝で,チュニジアと東部アルジェリアを支配した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハフスちょう【ハフス朝 Ḥafṣ】

チュニジアと東部アルジェリアを支配したベルベルマスムーダ族の一派,ヒンタータHintāta族の王朝。1228‐1574年。創始者アブー・アルザカリヤーAbū al‐Zakariyā’はチュニスを都としてムワッヒド朝から自立。13世紀後半のムスタンシルal‐Mustanṣirの治世が最盛期で,ルイ9世の第7回十字軍(1270)とも戦う。その後,アブー・ヤフヤーAbū Yaḥyāの治世(14世紀前半)とアブー・アルアッバースとアブー・ファーリスの両治世(14世紀末~15世紀前半)とが政治的に安定していた以外は,内乱とマリーン朝キリスト教徒の侵入に悩まされることが多く,その政治的不安定さは,チュニスに生まれハフス朝にも仕えたイブン・ハルドゥーンに強い影響を与えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハフス朝の言及

【マグリブ】より

…同じくアラブは,ラテン語のアフリカに由来するイフリーキーヤの語も用いたが,それは,9世紀にアグラブ朝がチュニジアに建国されて以降,しだいにリビア西部からアルジェリア東部までの地域内,つまりマグリブ東部を指すようになった。また,リビア西部のトリポリタニア地方は,ムワッヒド朝やハフス朝の支配下に入った時期もあったが,その統治は不安定であり,常に半独立的状態にあったといってよい。したがって,広義のマグリブが本来の〈西方〉という意味に近い範囲を示すのに対し,狭義のそれは歴史的過程を経て形成された概念となっている。…

※「ハフス朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハフス朝の関連キーワードアトラス山脈アルジェリアムワッヒド朝マグレブオングエルジュメルガダメスジェリド湖ネフタチュニジアとアラブの春イフリーキーヤ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone