ハマベノギク(読み)はまべのぎく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマベノギク
はまべのぎく / 浜辺野菊
[学]Heteropappus hispidus (Thunb.) Less. subsp. arenarius (Kitam.) Kitam.

キク科の越年草。茎は根際から四方に倒れて広がり、その先に高さ約30センチメートルの茎を直立する。葉は、質は厚くて互生し、へら形または倒披針(とうひしん)形で先は丸く、縁(へり)に毛がある。根出葉は花期には枯れる。7~10月、小枝の先に径約3.5センチメートルの頭花を1個つける。舌状花は紫色、管状花は黄色。冠毛は舌状花のものは短いが、管状花のものは長い。日本特産で、海岸の砂地に生え、富山県以西から九州の日本海岸に沿って分布する。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハマベノギクの言及

【ノコンギク(野紺菊)】より

…本州の山地の草原や道ばたに生える。 ハマベノギクA.asagrayi Makino(別名イソノギク)(イラスト)は奄美大島,沖永良部島,沖縄本島に分布し,海岸の岩上や崖に生える多年草。花をつけない茎は短く,根出葉をロゼット状につける。…

※「ハマベノギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android