コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハムギ Ham Nghi

世界大百科事典 第2版の解説

ハムギ【Ham Nghi】

1872‐1947
グエン(阮)朝ベトナム第8代皇帝。在位1884‐85年。第4代トゥドゥック(嗣徳)帝のおい。幼名はフォックミン(福明)。トゥドゥック帝の死(1883)後,ズクドゥック(育徳)帝,ヒエップホア(協和)帝,キエンフォック(建福)帝が次々と権臣に擁立されては廃されたが,1884年グエン・バン・トゥオン(阮文祥),トン・タット・トゥエット(尊室説)がフォックミンを即位させ,翌年を咸宜元年とした。しかし84年の第2次フエ条約によりベトナム全土は三分され,南部はフランスの直轄地,北部は保護領になり,中部のみが保護国としてようやく支配しうるのみであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハムギの言及

【ベトナム】より

…そして1887年にはカンボジア保護国を加えてフランス領インドシナ連邦が成立した。
[フランス植民地時代]
 フランスの侵略に抗して,1885年ハムギ(咸宜)帝はトン・タット・トゥエット(尊室説)らと山地にこもってバンタンの蜂起を呼びかけ,北部・中部一帯に農民蜂起が広がった。これに対し,植民地総督のベールラヌッサンらは村落の自律性とバンタンの権力を認める協同政策を推進し,このためデ・タムらを除いて,ソンコイ・デルタの反乱は終息するが,村落の封建的構造は固定化された。…

※「ハムギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハムギの関連キーワードチョンジン(清津)直轄市ミョンチョン(明川)郡ハムギョン(咸鏡)山脈チャンジン(長津)湖キムチェク(金策)市ウォンサン(元山)市ファン・ディン・フンリャンガン(両江)道クアンポ(広浦)湾プジョン(赴戦)湖リョンソン(竜城)タンチョン(端川)フェリョン(会寧)プクチョン(北青)クアンモ(冠帽)峰ヨンフン(永興)キルチュ(吉州)フンナム(興南)ポングン(本宮)アオジ(阿吾地)