コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハム語 ハムご

百科事典マイペディアの解説

ハム語【ハムご】

エジプト語クシ諸語ベルベル諸語チャド諸語の総称で,名は旧約聖書創世記》のセムの弟ハムにちなむ。Hamitic。これらの諸語が親族関係にあると推定され,セム語族とともにハム・セム語族を構成すると考えられたが,今日では否定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハムご【ハム語 Hamitic】

旧約聖書《創世記》10章でセムの弟とされるハムの名が,アフリカの諸言語中のセム諸語と親族関係にあると推定されていた諸語の名称に適用されたのは,1860年代以後のことで,当初はコイ・コイン語なども含むとされた。現在では古代エジプト語ベルベル諸語クシ諸語,チャド諸語の総称として用いられるが,これらがセム語族に対して一語族を形成し得るほどの系統的一体性をもつものであることは未証明である。アフリカ[言語]ハム・セム語族【松田 伊作】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハム語の関連キーワードナイロ=ハム語系諸族アフロ・アジア語族アフロ=アジア語族ナイロート系諸族アフロアジア語族カラモジョン族アフリカ諸言語トゥルカナ族ハム語系諸族キプシギス族セムハム語族スペイン史エジプト史サンブル族エチオピアマンダリ族ポコット族ナンディ族トポーサ族ソマリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android