コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラタケ(原茸) ハラタケ Agaricus campestris

1件 の用語解説(ハラタケ(原茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラタケ(原茸)
ハラタケ
Agaricus campestris

担子菌類マツタケ目ハラタケ科。夏から秋にかけて,草原や畑地の地上に生える。傘は丸山形を経てほとんど平らになる。径5~10cm,表面は乾き白色,のちに黄みまたは赤みを帯びる。肉厚で傷ついて空気に触れると,淡紅色ないし淡茶褐色に色づく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハラタケ(原茸)の関連キーワードカラカサタケ(唐傘茸)ヒトヨタケ(一夜茸)ベニタケ(紅茸)ワライタケ(笑茸)藍茸原茸タマゴタケハラタケヒメマツタケ(姫松茸)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone