コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラタケ(原茸) ハラタケAgaricus campestris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラタケ(原茸)
ハラタケ
Agaricus campestris

担子菌類マツタケ目ハラタケ科。夏から秋にかけて,草原や畑地の地上に生える。傘は丸山形を経てほとんど平らになる。径5~10cm,表面は乾き白色,のちに黄みまたは赤みを帯びる。肉厚で傷ついて空気に触れると,淡紅色ないし淡茶褐色に色づく。裏はひだがよく発達し淡紅色。柄は太さ7~20mm,高さ5~10cm,なかほどより上に鍔 (つば) がある。食べられる。世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android