コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラタケ

2件 の用語解説(ハラタケの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ハラタケ

 [Agaricus campestris].ハラタケ目ハラタケ科ハラタケ属の食用キノコ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハラタケ
はらたけ / 原茸
field mushroom
[学]Agaricus campestris Fr.

担子菌類、マツタケ目ハラタケ科の食用キノコで、ハラタケ属では代表的な種である。傘は径5~10センチメートルで、丸山形から平らに開く。表面は白ないし汚白色で粘り気はなく、手ざわりは皮質様。肉は白くて厚い。ひだは初め白いが、胞子が成熟するにつれてピンク色から褐黒色に変わる。傘は茎に離生。茎は円柱状で白く、肉は充実している。茎の上方には膜質のつばがある。胞子紋は褐黒色。胞子は6~9マイクロメートル×4~6マイクロメートルの卵形で紫褐色。草原のキノコなので牧畜の盛んな欧米にはきわめて普通で、古くから親しまれ、食用にもされた。欧米で栽培されるいわゆるマッシュルームはハラタケと同属近縁種である。森と水田の多い日本では、これまでは発生が少なく、なじみも薄かったが、最近では、ゴルフ場の増設や芝生を植える公園などが多くなったことから、その発生量も増えている。ハラタケは、秋、芝生に円い輪(菌輪(きんりん))を描いて生えることが多い。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone