コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルシャバルダーナ Harṣavardhana

デジタル大辞泉の解説

ハルシャバルダーナ(Harṣavardhana)

[?~647]インド、バルダナ朝の王。在位606~647年。即位以来、四方に征戦して北インドを統一。仏教を保護し、多数の寺院を建立。唐僧玄奘(げんじょう)もその治世にインドを旅行。戯曲「ラトナーバリー姫」などが伝えられている。戒日王。ハルシャ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ハルシャバルダーナの関連キーワードハルシャ・バルダナハルシャバルダナハルシャバルダナ唐の時代(年表)貴ノ浪貞博矢部川ドナルド・マクドナルド・ハウスなごや燕然都護府渟足柵探知衛星

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android