コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルツィンク Hartsinck, Carel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルツィンク
Hartsinck, Carel

[生]1611. メールス
[没]1667.9.24. バタビア(現ジャカルタ)
ドイツ生れのオランダの東インド総督府政務総監。若くして東インドに渡り,1633年下級商務員として平戸に来て,商館長 N.クーケバッケルの命令で,1637年『フロル』号でトンキン (東京) におもむき,国王と貿易協定を結んで帰る。 38年には『サントフォールト』号で再度トンキン貿易を行い,39年上級商務員となり,連年トンキンに渡航。その間に平戸では日本婦人との間に2男をもうけた。 41年 11月妻子とともに日本を去った。 42年帰国,再婚して8男1女をもうける。 51年再びバタビアに赴任,市参事会議長,政務総監,法務委員長などを歴任。その間トンキン在住日本人和田理左衛門と交渉を重ねたこともある。『フロル号航海記』『サントフォールト号航海記』が,N.クーケバッケルの日記に引用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハルツィンクの関連キーワード天文学史(年表)瀬尾昌琢堀越三右衛門クレメンス9世解析学デ・ウィット特権マニュファクチュアドゥブロブニクドライデン柴山伊兵衛

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android