コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハレパ協定 ハレパきょうていPact of Halepa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハレパ協定
ハレパきょうてい
Pact of Halepa

1878年 10月クレタ島のギリシア人キリスト教徒とオスマン帝国との間に結ばれた協定。ハニア郊外のハレパで調印された。帝国支配下にあったクレタ島では,21年のギリシア独立革命の勃発を契機として,ギリシア人キリスト教徒がトルコ人イスラム教徒に同権を要求,反乱が続発した。特に 78年にはギリシアの支援を得て大規模な反オスマン帝国暴動が発生。イギリスの仲介で協定が成立し,オスマン帝国はキリスト教徒の同権と,キリスト教徒を多数派とするクレタ島議会を承認。 89年オスマン帝国が重要条項を破棄したが,96年復活を認めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハレパ協定の関連キーワードエジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)おもなお雇い外国人エアトンメンデンホールローレンツゴールドシュミットシュテルンベルグハリス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android