コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロロドプシン ハロロドプシンhalorhodopsin

1件 の用語解説(ハロロドプシンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハロロドプシン(halorhodopsin)

好塩性古細菌がもつ色素たんぱく質脊椎動物の目の網膜にあるロドプシン視紅)に似た感光物質。古細菌の場合、光のエネルギーを利用して外部から塩素イオンを取り込む役割を担っている。近年、光遺伝学の研究において、特定の神経細胞を抑制する光スイッチとしての利用が試みられている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone