コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロロドプシン halorhodopsin

デジタル大辞泉の解説

ハロロドプシン(halorhodopsin)

好塩性古細菌がもつ色素たんぱく質。脊椎動物の目の網膜にあるロドプシン視紅)に似た感光物質。古細菌の場合、光のエネルギーを利用して外部から塩素イオンを取り込む役割を担っている。近年、光遺伝学の研究において、特定の神経細胞を抑制する光スイッチとしての利用が試みられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ハロロドプシンの関連キーワードイオン輸送

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android