ハンカイシオガマ(読み)はんかいしおがま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンカイシオガマ
はんかいしおがま / 樊塩竈
[学]Pedicularis gloriosa Biss. et Moore

ゴマノハグサ科の半寄生の多年草。茎は斜め上に伸び、高さ50~80センチメートル。葉は互生し、羽状に深く裂け、長さ20~30センチメートル。8~9月、分枝した花序を出し、各枝先に花穂をつくり、紅紫色花を開く。花冠は唇形で長さ約3センチメートル。包葉は円心形。山地の林縁に生え、関東、東海地方に分布する。名は、シオガマギク属の植物としては全体が大きいので、中国漢代の武将樊噌(はんかい)になぞらえ、大形のシオガマギクの意味。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハンカイシオガマの言及

【シオガマギク(塩竈菊)】より

…ヨツバシオガマ節は葉が4枚輪生し,高山の草地に生えるヨツバシオガマP.chamissonis Stev.(イラスト)がある。花冠の先が丸いものにハンカイシオガマ節,タカネシオガマ節,ミヤマシオガマ節がある。ハンカイシオガマ節は大型の多年草で葉は対生し,太平洋側にハンカイシオガマP.gloriosa Biss.et Moore,日本海側にオニシオガマP.nipponica Makinoがある。…

※「ハンカイシオガマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android