コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンガーボード

デジタル大辞泉の解説

ハンガー‐ボード

《〈和〉hanger+board》壁に取り付けて小物などをつりかけるための穴あき板。厚さ5~6ミリメートルの板に、縦横約3センチごとに穴をあけたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ハンガーボード

hanger+board〕
板に小さい穴を規則的にあけ、金具をかけ台所用品などをつるすようにしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンガーボード
はんがーぼーど
hanger board

つり掛け用の穴あき板。鉤(かぎ)形をしたはめ込みをもっており、金具類を自由に取り付けたり、取り外したりできる。台所や洗面所などの壁にセットし、手拭(てぬぐい)掛けやコップ掛けを取り付けるのに用いる。
 ボードは一般に、厚さ5~6ミリメートル程度の繊維板の片面に、耐水用および装飾のためにラッカー仕上げが施されており、約2.5~3センチメートルピッチで縦横に直径5ミリメートルの穴があけられている。サイズはいろいろあるが、大きいものを必要な大きさに切って使うこともできる。取り付ける壁とボードとの間には10ミリメートルほどの間隔が必要であり、たとえば、コンクリート壁には接着剤を用いるというように、壁材にあった取り付け方法を用いてセットする。取り付け金具にもさまざまな種類があり、いずれも付け替えが簡単なので、子供部屋などにも適している。[中村 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハンガーボードの関連キーワード台所用品中村金具

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android