ハンス・マルティン シュナイト(英語表記)Hans-Martin Schneidt

現代外国人名録2016の解説

ハンス・マルティン シュナイト
Hans-Martin Schneidt

職業・肩書
指揮者,作曲家,オルガン奏者 元ミュンヘン・バッハ合唱団・管弦楽団芸術監督

国籍
ドイツ

生年月日
1930年12月6日

出身地
バイエルン州バート・キッシンゲン

受賞
ベルリン芸術院賞〔1963年〕,エドゥアルト・フォン・デア・ヘイド賞〔1980年〕

経歴
ライプチヒの聖トーマス教会合唱団に入団し、ギュンター・ラミンに師事。1949〜52年ミュンヘンで指揮、作曲、オルガン、音楽学をフリードリヒ・ヘグナー、クルト・アイヒホルン、ルドルフ・フォン・フィッカーなどに学ぶ。ミュンヘンで合唱指揮者、オルガン奏者を務め、’55年よりベルリン教会音楽学校で教鞭を執り、シュパンダウ聖歌隊、バッハ・コレギウム指揮者として活躍。’63年ヴッパータール市の音楽総監督(GMD)に就任、’71年ハンブルク音楽大学教授。’84〜85年ヴッパータール歌劇場で「ニーベルングの指輪」を指揮。’84年急逝したカール・リヒターの後任としてミュンヘン・バッハ合唱団・管弦楽団の芸術監督となった。’90年東ドイツのベルリン国立歌劇場日本公演に同行して来日。’94年ベルリン放送交響楽団の日本公演でもタクトを振った。2001年東京芸術大学客員教授、2007〜2009年神奈川フィルハーモニー管弦楽団音楽監督を務めるなど、日本とも縁が深い。宗教曲の演奏で知られ、現代音楽の演奏やオペラの指揮にも定評がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android